ドラマの中の英語

The name of the game is communication

That's my girl. / よくやった、それでこそ俺の娘だ。

我が娘が暴漢に襲われたと聞いて心配したお父さん。しかし、娘が暴漢の股間を蹴り上げて逆襲したと聞いたら、きっとこう言う筈「That's my girl!(それでこそ俺の娘だ!)」。その撃退方法は、お父さんが昔娘に直伝した方法。誇らしくなると共にうれしくなって、我が娘を抱きしめたくなるお父さんなのでした。完。

このシチュエーションが物語るように、我が娘・妻等が、何か誇らしげな痛快なことをした時、この「That's my girl.」という表現がよく使われます。文字通り訳した「あれは私の少女です。」では全然無いので注意(笑) 男の場合は当然、girlの箇所がboyに入れ替わりますね。

それでは、海外ドラマの中でのこの表現の使われ方を見てみたいと思います。どんなことをしたんでしょうか?

The Big Bang Theoryから

映画ロード・オブ・ザ・リングで実際使われた指輪をオークションで落とし、誰のものとするか争ういつものオタク4人。最終的にレナードがゲットし、恋人ペニーのネックレスにぶら下げさせ、一緒に寝ていると・・・。夜も更けた頃、シェルドンが寝室に侵入して来て、指輪を盗もうとします。ペニーは当然ネブラスカ仕込みの鉄拳パンチ。何事かと起きたレナードは、ペニーの話を聞いて、「That's my girl.」です。ペニーを誇らしく思うレナードでした。

シェルドン: Ow! Oh! You hit me! I'm bleeding!

レナード: What was that?

ペニー: Sheldon tried to take the ring and I punched him.

レナード: That's my girl.

The Big Bang Theory/Season 3/Episode 17

youtu.be

9-1-1から

日本でも放映が始まった9-1-1から。女性の娘が自殺未遂を起こして、病院へ運ばれます。自殺ということで警察官による事情聴取がありますが、何も話したがらない娘。勇気を出して全部話してと母親が説得すると、最終的に娘は同意します。「よくぞ勇気を出してくれた、それでこそ私の娘」と涙ながらにハグする母親。結局、いじめが原因なのでした。

They... they just want to find out that you're okay. All right? Now, you tell them everything, you understand? You're safe, and you'll be home with us in no time. Can you be brave for me? All right, I need you to be braver than you've ever been. All right. That's my girl. That's my girl. Love you.

9-1-1/Season 1/Episode 3

Suitsから

恩師的存在の検事長とばったり道で出会うハーヴィー。今夜食事でもどう?と誘われ、OKするハーヴィーに、「That's my boy.」と検事長。「そうこなくっちゃ、それでこそ俺の弟子」と言ったところ。ここは、 That's the sprit. / そうこなくっちゃ! - ドラマの中の英語 でも違和感はないですね。

検事長: Hey, you know what? This is crazy. I'm free for dinner tonight. Just cancel whatever you have and tell Jessica I demanded that you clear your schedule.

ハーヴィー: Dinner it is. It will be nice.

検事長: That's my boy.

Suits/Season 1/Episode 11

まとめ

That's my girl(boy). はこんな感じで、ある人の行動が誇らしく感じる時の表現でした。ただ、「俺の○○」の語感からも分かるように、これってかなり上から目線ですよね。今回の3例も、恋人同士、親子、師弟だからOKなわけで。ですから、上司がゴルフでホールインワンしても「That's my boy.」とは言わないほうが良さそう。言ってしまうと、二人の関係が変な風に取られること請け合い。恋人同士とか(笑)