ドラマの中の英語

The name of the game is communication

Queer Eye

視聴した海外番組数が200を突破したということで、先日、IMDbのWatchlistをアルファベット順に並べて見た番組を懐かしんでいました。一番最初は、数字で始まる番組タイトルのものが来て、次がA。Aの中ではArcherが一番かな、とか。BはBoJack Horsemanも好きだけど、やはりBreaking Badは外せないな、とか。そうやって下までスクロールして行ったら、なんと、QとXとZで始まるタイトルの番組を見ていないではありませんか!

これは意地でも見なくちゃなるめェと、検索してようやく見つけたのがQで始まるネトフリオリジナル作品Queer Eye(クィア・アイ)。”リアリティショー”のカテゴリーと、番組の説明が”5人のゲイ達がストレートの男の生活を改善する”的な感じだったので全く期待せず、ただQの空欄を埋めるだけ(笑)のために見始めたんだけど、これが予想に反して非常に面白い。週末一気にシーズン1を見てしまった。番組は笑いあり涙ありで、そこにはリアルな人間が描かれていたのだ。

www.imdb.com

この番組を一言で言えば、大改造!!劇的ビフォーアフター。それが建築だけでなくいろいろな方面までカバーしてる感じ。自称ファブ5こと5人の匠なゲイの皆さんは、それぞれ得意分野を持っている。例えばタンはファッション担当、ボビーは家の内装担当。他にも、髪型、料理、文化。そして5人は、それぞれの能力+コミュ能力と素晴らしい人間性を、与えられた改善期間3日の間に遺憾なく発揮し、ターゲット男性の外見を変えるのはもちろん、なんと内面までも変えてしまう。いや、外見は獲物を番組に誘う撒き餌で、実は内面改善が真の目的ではと思ってしまう程の辣腕。そして、その改善後の男性の内面の見事な美しさ。ビフォー、アフターで同じ人間なのかと目(耳?)を疑ってしまうくらいだ。信仰心厚いクリスチャン(宗教上同性愛NG)がゲイへの偏見を改めたり、他人との間に壁を作ってずっと交流を拒否してきた男が、最後自らグループハグまでするようになったり(この男性、自己防衛のための奇妙な笑い癖も最後止まってしまった)。番組だからある程度作ってると思うでしょ。ところがどっこい、リアルなんだよね。ある意味、これこそ正真正銘のリアリティーショーかもしれない、

これを見てると、PC(political correctness)な配慮なんて必要ないんだって分かる。だって我々人類には、既にファブ5が居るのだから(笑) そして、我が家に必要なのもファブ5w ファブ5の旦那方、マジで来て下さい、頼みます。

そういう意味では、彼らは視聴者の凝り固まったゲイへの見方まで変えてるんだよね、すげー。

番組内容に戻ると、ファブ5が男性宅を去った後、男性は三日間で習ったことを思い出し、自分一人で身繕いから食事の用意までする後日譚的な実践編があり、最後には友人なんかとのパーティーを開くのがお約束。果たして、男性はパーティーで生まれ変わった自分を見せられるのか、それとも元の冴えない糞野郎に戻ってしまうのか? 当然ファブ5もその結果を知らないわけで、それをファブ5と一緒に茶の間の視聴者も見るという設定にしてるのが面白い。男性の成功を祈り手に汗握るファブ5に、視聴者もハラハラドキドキ。時に男性の成長ぶりに目頭を押さえるファブ5を見ると、こっちも思わずうるっと来てしまう。

ちなみにこの5人、誰の助けが一番欲しい?という直球なアンケートがIMDbにあって、一番になったのが食事担当のアントニオ。自分的には意外だけど、これぞアメリカって感じかな。逆に内装ボビーが低評価。内装の変化が一番目を引くんだけどね。

www.imdb.com

最後に英語関係。まず、番組タイトル。queerには”奇妙な”という意味があるから、strange, oddなんかの代わりにも使える英単語。英検準一級レベル? でもここでは、”同性愛者”の方の意味。次にファブ5。これはfabulousだね。実は最初、fabでなくfagと聞こえたのはここだけの秘密。だって、fag(faggot)って差別用語だけど同性愛者を表すから。でもよく聞いたらfabだったのでホッとした(笑) それから、彼らが話す英語。ファッション担当タンの英語だけがブリティッシュで聞きにくいけど、頑張ればなんとかなる感じ。他のファブ5の皆さんはみんな聞きやすい。逆にターゲットの男性の方が聞き辛い印象。あと、彼らはゲイなので、使う単語チョイスが良い意味で独特な感じ。華やかな方にいつも舵を取る。ファビュラス5だけに(笑) これはこれで勉強になる感じ。

5人のゲイがストレートの男のファッションやら部屋の内装やらを単に変えるだけと思ってると、逆の意味で裏切られる素敵な番組Queer Eyeの紹介でした。IMDbでは★8.8とこれまた高評価だけど、自分は★8くらいかな。放送時間が40分なので、自分的には展開が早すぎに感じるのがマイナス。だって三日間+アルファ、でしょ。もっとゆったり60分番組でもいいと思うんだけどね。内装リフォームなんて一番手間が掛かってるのに、いつも放送時間30秒もないから可愛そう。そりゃ投票も最下位なわけだ。

よし、

One down, two to go
1つ片付けて、残りは2つ

あとはXとZだけだな。Xはエックス・ファイルがあるから楽勝と思ってたら、The X-FilesとTheから始まってたw Zも探すの難しそう。うーん、どうしようか・・・