ドラマの中の英語

The name of the game is communication

effective immediately / 即時発効にて

ビジネス英語って何なんだろうって考えてたら、よく分からなくなってしまった。ビジネス英語、得体の知れないあやふやなもの。そこでネットで調べてみると、なんとなく分かってきた。つまり、アポを取ったり、クレームのメール入れたり、得意先に謝罪したり、契約書を読んだり。でもこれって全部ビジネス関係なく個人が日常的にやってることの気もする。歯医者だってアポ取りだし、PCのアプリをアップデートすると使い始める前に同意させられるけど、あれもまさに契約だしね。そして、海外ドラマを見ていて、ビジネスシーンとプライベートシーンで英語の質が変わることも特にない。なんだろう、この違和感。フォーマルってことなのかな? とか悶々と考えていたら、ビジネスシーンで使われる英語表現を集めていけばなんか掴めるんじゃね?と閃いた。

そこで目を皿にして「ビジネス英語いねがー」と探していたら、見つけたのが表題のeffective immediatelyその瞬間から効力を発揮するって意味。例えば上司が「effective immediatelyでお前首」と言ったら、それを告げた瞬間首。ボール箱に荷物まとめてセキュリティに連れて行かる感じ。どう? これめっちゃビジネスっぽくない?(笑) 我ながらよく見つけたと思うんだけど。

ということで、このビジネス英語っぽい表現の海外ドラマでの使われ方を見てみます。

Breaking Badから

テッドの会社で働き始めたスカイラーは、社長のテッドと情事を重ねます。その1シーンから。スカイラーが会社のみんなに嫌われてると言うと、社長のテッドは「みんな即時に首」と冗談。ladder-climbingは昇進の意。昇進ってハシゴを登ることによく例えられますね。climb the corporate ladderとか。あ、これもビジネス英語じゃん(笑)

スカイラー: now everyone at work thinks I'm an evil ladder-climbing whore.

テッド: They're all fired, effective immediately.

Breaking Bad/Season 3/Episode 4

Better Call Saulから

創業者の一人チャックが弁護士事務所を去る事に。それを従業員にアナウンスするもう片方の創業者の息子ハワードです。bittersweetはほろ苦い。卒業おめでとうという嬉しい気持ちと同時に、去って悲しいという二律背反の感情です。

ハワード: I have some bittersweet news to share. I'm sorry to say, but our fearless leader, Charles McGill, will be leaving HHM. Effective immediately.

Better Call Saul/Season 3/Episode 10

Prison Breakから

濡れ衣を着せられていたリンカーンの無実が、公式にアナウンスされた瞬間のシーン。お兄ちゃん、やったね。それにしても、最初の殺人だけでなく、道中全ての犯罪まで無罪になるのはすごいですよね。邪な人なら、銀行強盗やっておけばと後悔するのかも(笑)

報道官: Lincoln Burrows, who has led the country on a nationwide manhunt will be exonerated of all charges effective immediately.

Prison Break/Season 2/Episode 22

まとめ

今回はビジネスシーンで使われるっぽいeffective immediately (即時発効にて)の紹介でした。これってあんまり日本にはない習慣ですね。

それにしても、ビジネス英語がよく出てくる海外ドラマってなんだろう? ホテル・バビロンが日常的に接客があるのでそれっぽいかなと思うんですけどね。でも、あれはホテル特有の接客英語だから、ビジネス英語とは言えないのか? そもそも、各職業固有の言い回しってビジネス英語なんだろうか? 弁護士が裁判長に言うYour Honorはどうだろうか? スタバのバリスタが使う英語は? とか考えていくとモヤモヤしちゃいます。