ドラマの中の英語

The name of the game is communication

起床時に聞く英語表現

今回は朝起きてウーンと伸びをしている時に聞く英語表現を見てみます。海外ドラマ見てる人ならお馴染みのものばかりのハズ。

rise and shine

これは起こす側(親など)が寝てる側(子供等)に掛ける言葉。通常、カーテンを開けたり窓を開けてる際に投げかけられるので、日本語だと「起きろー」とか「朝だよー」と言う感じ。

次のギルモア・ガールズのシーンでは、突然高校の級友に深夜に起こされるローリー。Rise and shine.と言ってますね。これから夜中の高校に侵入し、仲間に入るためのある儀式を行うのですが・・・

級友: Surprise!

ローリー: What's going on?

級友: Rise and shine. You can grab shoes but no socks.

Gilmore Girls/Season 2/Episode 7

sleepyhead

sleepyheadはその名の通りsleepy(眠い)なhead(頭)の人。つまり、日本語だとお寝坊さん、ねぼすけって感じ。起こしてるのにベッドから出てこなかったり、朝食を食べている最中ウトウトしてるような寝足りない子供なんかに投げかけられることが多い。

次のビッグバン★セオリーのシーンでは、四半期に一回の防災訓練で、深夜に叩き起こされるレナード。rise and shineとsleepyheadを使ってライム(押韻)するシェルドンです。そういえば、このシーンは個人的に思い入れがあります。ここの日本語字幕が英語の内容とかけ離れていたので、見当違いの日本語読むくらいなら理解不十分でも英語字幕でいいじゃんと、英語字幕で海外番組見るきっかけになったのでした。

[ALARM BLARES THEN LEONARD YELLS]

レナード: What the hell?

シェルドン: Emergency-preparedness drill.

レナード: Oh, no. Come on.

シェルドン: Yeah, you know how it works. Once a quarter, keep our readiness up. Now, rise and shine, sleepyhead. Half the town is probably dead.

The Big Bang Theory/Season 5/Episode 15

breakfast in bed

breakfast in bedはその名の通り、ベッドで食べる朝食。日本人的には考えられないですけど、海の向こうでは一般的みたい。海外ドラマでは、仲直りのしるしや何かお願いがある時等にこれがなされますね。起こされたと同時に専用トレイ(Breakfast Tray、足を通せるよう高くなってる)で朝食を運んでくれるのはいいのですが、個人的には、起きていきなり食えるのか?とか、トイレ行かなくていいんか?等気になってしまいます(笑)

次のギルモア・ガールズでは、恋人ローガンの誕生日にbreakfast in bedを作るローリー。しかし、ローガンがベッドから出てきてしまい、breakfast at a deskになっちゃうからベッドに戻ってと言うローリーです(笑)

ローリー: Hey, hey! What are you doing? Get back in bed.

ローガン: I just want to check my e-mail real quick.

ローリー: Oh, no, no, no.

ローガン: What's the big deal?

ローリー: I made you a special birthday breakfast in bed, and if you don't go back to bed, it's gonna be a special birthday breakfast at a desk, which is something I have never heard of.

まとめ

今回はドラマの起床シーンで使われる英語表現を集めてみました。sleepyheadは起床時だけでなく、Mr. Sleepyheadと言うようにウトウトしている人に皮肉で使われたりもします。これら以外にも、sleepが名詞で目やにの意味だったりしますが、ドラマの中ではあまり使われなかったので今回はパス。次は就寝時に聞く表現を集めてみたいですね。