ドラマの中の英語

The name of the game is communication

お疲れ様です

A Way with Words | Japanese Professional Farewell

ポッドキャストA Way with Wordsに、日本語の「お疲れ様です」が出てきて笑ってしまった。2年間日本で働いていたという女性(日本語めちゃうまい)からの質問が、問題のOtsukaresama desu。仕事帰りに同僚から掛けられる言葉で、意味は(この女性によると)「仕事頑張ってくれてありがとう」。結論は、英語にはそういった習慣的な挨拶・表現はないとのこと。Podcast聞いていて面白かったのが、「仕事で疲れたんじゃない?」とアメリカで聞くのは、insultに聞こえるかもという点。こういうのは、文化の違いを色濃く感じられて非常に興味深いしタメになる。

さて、自分ならこの「お疲れ様です」をどう訳すだろうか? podcastの中でも言っていたけど、もう既にritualizeされてしまっていて、「疲れるくらいがんばったね」的な意味は全く無いよね。みんなが言ってるから自分も言ってるだけの表現。あえて訳すと、Good work.くらいかな。捻くれた見方をすれば、このお疲れ様、「もう仕事もないから帰っていいよ」というOKサインの気もする(笑)