ドラマの中の英語

The name of the game is communication

字幕だけ読んで海外ドラマを理解してみる【字幕読み編】

以前からやってみたかった”字幕テキストだけ読んで海外ドラマをどのくらい理解できるのか?”という実験を今回やってみたいと思います。 もし字幕テキストだけでドラマ内容をある程度理解できるのなら、はっきり言ってネトフリ等不要になるし、日本では放映されない海外ドラマも即日楽しめる、という夢のようなことになる。つまり、字幕ファイルは海外ドラマ視聴のgame changerとなりえるのです(謎)

さて、今回の実験対象は、ベター・コール・ソウル(現在リアルタイムで追ってるのがこれしかないのでw)。前回のエピソードを再度視聴し、ストーリーの状況を事細かく把握しておきます。その上で、最新エピソード(シーズン4、エピソード8)を見たい気持ちを抑え、 Subscene - Passionate about good subtitles に赴き、該当字幕ファイルをダウンロードします。もちろんテキストから情報をできる限りすくい上げるため、HI(hearing impairment、聴覚障害)向けの字幕を選択。 それをテキストエディタで開き、読み込みを開始します・・・

自分が字幕を読み込んでる間、前回までのドラマの復習。

  • 恋人キムとの共同弁護士事務所開業を夢見るジミーは、あることから弁護士資格を剥奪され、現在携帯屋に職を見つけます。普通では物足りないジミーは、通話の足がつかない携帯電話を裏社会の連中に売る販路を確立しようとします。しかし、携帯販売中にチンピラに金を巻き上げられたため、黒人ボディーガード(元万引き犯)を雇う事に。ある日、警察から足がつかない携帯の件で尋問を受けてると、ボディーガードはジミーの身に危機と勘違いし、警官を殴ってしまいます。そのため、暴行罪で立件されます。ジミーは弁護士資格がないことからキムに黒人の弁護を依頼。執行猶予付き判決を求めますが、検察は1年半という重い刑罰を検討。キムがそれを飲まざるを得ない旨ジミーに話すと、ジミーは自分の力で判決をなんとかしようと車で出ていきます。ジミーの性格を知ってるキムは熟慮の末、妙案があるとジミーに電話を入れます・・・

  • キムは、独立して弁護士活動をしてましたが、自分ひとりでは力不足を痛感し、以前のツテを頼って、弁護士事務所の雇われになります。仕事はその弁護士事務所の銀行部門立ち上げ。順調に仕事をこなし各地区の支店に銀行部門を立ち上げて行きますが、段々とジミーとのすれ違いが目立つようになってきます。そんな折、ジミーから元万引き魔の弁護を依頼されることに・・・

  • マイクは、ドラッグディーラーのガスからメス作りラボの建設を任されます。タイトなスケジュールと、高度な機密性が要求されるプロジェクトですが、なんとかドイツから建設のエンジニアを雇入れ、広大な地下での作業に着手。しかし、ドイツ人の若者エンジニアがヘマをして、スケジュールは遅れ気味。

  • サラマンカ(チンチンおじさん)は全身麻痺のリハビリ中。ガスが呼び寄せた凄腕の医者の手腕で、なんとか指先は動かせるようになり、このままリハビリを続ければ喋ることもできるようになるとのこと。しかし、ガスはそれを知るや否や、サラマンカの世話は別の医者に任せて元の病院に戻るよう医者に伝えます。あくまでも指先の回復しかさせない魂胆です。

さて、字幕を一度通して読みましたが、ところどころ意味不明な箇所とか、前後の脈絡がつかないところなどありましたので、結局三度テキストを通して読むことになりました。

自分が字幕ファイルだけから得た最新エピソードのストーリー展開は以下の通り。

  • メインが黒人の量刑を如何に軽くするか。裁判所に手紙を送る案が前回キムが考えたものでしょうか? 今回それを実行します。ジミーはアルバイトを雇って、手紙の指導から、検察から問い合わせ電話が掛かってきた時のシナリオまで準備万端。裁判は2人の思い通り運びますが、キムはあまり喜んでいない感じがします。二人の破局の一因になってしまうのか?

  • マイクのメスラボ作りはエンジニアの問題児1人を取り除くのに成功したのかな? でも、納期は遅れ気味で大変そう。支柱かなんか地下へ運ぶのにドイツ仕込のすごい技術を使うっぽい。マイクとドイツ人技師リーダーが仲良くなっているように読めました。これはリーダーがガスに殺されるフラグか?

  • キムの方の弁護士事務所勤めは順調。でも、黒人の裁判に同僚を巻き込んだっぽいので、後で上司からなんか言われてしまうのかも。

  • サラマンカ一家のシマでは、警官が巡回中でドラッグ販売がうまく行ってない感じ。最後の場面で、ナチョのもとに新しい展開がもたらされたっぽいですが、詳細まではつかめず。

  • 最後に、自分がうまく理解できなかったのは、下のチャートでいうと、シーン4、6が全くわからず。

さて、これを元に映像化されたエピソードを見て、自分の中で思い描いたのとどのくらい合っているかをパーセントで表したいと思います。80%は合ってる気がするんですけど。ということで、次の記事で結果発表ですになります。

シーン別の登場人物とその内容

  1. ジミーとキム、警官暴行の黒人裁判について会話、ジミーはキムの計画を実行のためアマリロへ
  2. ジミー?、アルバイトの人選、黒人裁判の仕込み
  3. ナチョとクレイジー8、警察のためドラッグが売れないと世間話?
  4. ??、テレビを見ながら食事?
  5. マイクとドイツ人技師リーダー、飲みながらそれぞれの父親について会話、手に負えないドイツ人技師を現場から追い出す
  6. ??、女性がトラブって? お見舞金を支払う
  7. マイクとドイツ人技師リーダー、メスラボ建設について、尋常でない方法を模索、技師の妻からの電話で会話中断
  8. ジミーとキム、ネイルサロンの帰りに夕食買ってくる会話
  9. マイクとドイツ人技師リーダー?、妻との仲直りの方法
  10. キムと同僚弁護士?と検察、黒人の裁判について、刑罰をどうするか会話
  11. 裁判官、キム、検察、黒人の裁判の進行について会話
  12. マイクとドイツ人技師リーダー、リーダー仕事が遅れ気味で落ち込む、マイクは工事が遅れないよう忠告
  13. 裁判官、キム、検察、法廷にて、黒人の減刑を求める大量の手紙(02での仕込み?)について
  14. 検察メンバー、黒人への減刑嘆願を不審に思い、手紙を精査、差出人・教会をチェック、全員本物っぽい
  15. アルバイト、検察からの電話に神父になりきって受け答え、黒人が火災から老人を救う話
  16. ジミーとキム、裁判での電話・手紙の仕込みについて会話、アクセントを換えて現地人の真似
  17. キムと弁護士事務所の同僚、各地区への支店開業の計画について議論
  18. マイクとガス?、メスラボ建設について、納期遅れについて会話?
  19. ジミーとキム、ジミーの新しいオフィス(予定)にて、キムが立ち寄り会話、裁判での仕込みで良心の呵責に悩むキム
  20. ナチョと家族?、手作り料理を食べようとすると、サラマンカの部下?がやってくる