ドラマの中の英語

The name of the game is communication

You're beached!

ディズニーアニメのリトル・マーメイドに興味深いセリフがあるので紹介します。状況は、人魚のアリエルがお転婆すぎて、ついには父親(こちらも人魚)から「You're beached!」と言われてしまうところ。でも、これって一見意味分からなくないですか? そこで、辞書をひいてみると、

beach

(しばしば受け身で)〈クジラなどが〉浜に乗り上げる

ウィズダム英和辞典

とありました。たまに巨大なクジラが浜に乗り上げてニュースになってますけど、あれのことですね。あるいは、船が海で嵐に遭遇して操舵不能となり、気づいたら無人島に打ち上げられているとか。そういえば、アニメやゲームの主人公達も、海系の中ボス(クラーケンタイプ、サンダーが弱点)に負けた後、よく浜に打ち上がってますよね。それが動詞beachの意味です。wash upなんかも同じニュアンス。アニメに戻ると、ただし、実の父親が人魚の娘を浜に打ち上げさせるのは、ちょっと考えづらいかな。かなり行き過ぎの仕打ちだし、それにこれはリトル・マーメイド、子供向けアニメです。アリエルがクジラのように浜に打ち上げられている姿を見たら、視聴者の子供が泣いてしまいます(笑) きっと他の意味があるに違いありません。

状況をもう一度整理すると、ここでは、父親は我が娘に罰を与えているんですね。お転婆すぎるから。

ところで、海外ドラマでよくある我が子への罰ってなんでしょうか? お小遣い減額? 聞いたことないなあ。体罰? 昔ならいざ知らず。ゲーム禁止? たまにあるけど、このシーンにゲームは関係ない。実はよく出てくる罰が一つあるんですが・・・それが

外出禁止

自宅でおとなしくしてなさいという罰。でも、これって英語でなんと言うのでしょうか?

実は、ground なんです。

名詞だと地面ですが、動詞で外出禁止。当blogではカバー済みのボキャブラリーでした。

insane.hatenablog.com

さて、このgroundですが、語源は航空産業から来ているとWikipediaにあります。 なんでも、飛行機を飛ばせないでいる(悪天候・技術的問題等で)パイロットを

the pilot is "grounded."

Grounding (discipline technique) - Wikipedia

と言うのだとか。つまり、地表に留まっている、ってことですね。そこから転じて、外に自由に遊びに行けない子供を、空を飛べず地表に留まらざるを得ないパイロットに例えて、groundedと言うようです。

後はこのgroundとbeachを結びつけるだけ。もう一歩です。さて、ここから想像力を豊かにして下さい。ディズニーの脚本家は、当初アリエルに与える罰はgroundにしたと思います。つまり、父親のセリフは「You're grounded!」。でも、ふと気づいたんです。彼女は人魚だと。つまり、通常海の中にいて、自由に泳ぎ回れます。でも、その彼女をground(地表に留まらせる)だとどういうニュアンスに響くでしょうか? 人魚はヒレがあるだけ、当然足はありません。つまりgroundしてしまうと、文字通りの

まな板の鯉状態

になってしまうんですね(笑) 地表に陸揚げされたら、お魚はその場でピチピチするしかないんです。動き回れない。手枷足枷を嵌められた囚人状態です。子供にとって、その光景は残虐に映るはず。というのも、いくら外出禁止の罰と言っても、人間の子供なら家の中は自由に歩けるわけですから。つまり、人魚にgroundは重すぎる残酷な響きというわけ。

それでは、どんな場所なら罰として最適なのでしょうか? そこで考え出されたのが、造語beachです。人魚にとって、beachは海とは違い自由に移動できません。その反面、水辺であるがゆえ、致死的な環境でもないです。最悪海に逃げられます。それはちょうど、人間の子供が外出できず家にいるレベルの罰なんです。つまり整理すると、人魚の世界では、

You're beached! は外出禁止

を意味するんですね。いやー長かった(笑) たった一行のセリフでこんだけ話が膨らむなんて。大筋合っていると思うけどどうでしょうか? 単なる脚本家の思いつき(whim)かもしれないけど。

最後に、You're beached!が外出禁止なのは分かったけど、実際そこまで考えられないから英語は無理かなあ、と思った方がいるかも知れませんので、ちょっと補足。実は、続きの台詞があるんです:

父親: You're beached!

アリエル: You mean I can't go to the carnival?

「つまり、カーニバルに行けないってこと?」とアリエルが、beachの大体の意味を直後に説明しているんですね。外出禁止とまでは言ってませんけど、このセリフで8割がた理解は可能です。ただ、外出禁止のgroundを知ってれば、脚本家の機智(wit)がより理解できるというだけ。多分、視聴してる茶の間の子供達も、全員が全員groundを念頭に置いての理解はしていないと思うんですよ。それでも彼らは楽しんでいるわけだから、我々も100%の理解がたとえできなくても、番組を楽しめばそれで良いのではないでしょうか?