ドラマの中の英語

The name of the game is communication

enough about 〜 / 〜についてはこれくらいにして

enough about 〜が使われるのは、ある話題についてもう十分に話して、話題を切り上げる際。海外ドラマで使われる典型的シチュエーションは、blind date回かな。blind dateは初対面のデートのことですね(blind dateの日本語ってなんだろう?)。通常、共通の友達を介して会うことになったり、親からの紹介で断れず嫌々行ったりもする。そんなデートは通常自己紹介から始まるんですが、片一方が話し好き(chatty)だと、自分のことを事細かく話すことになります。どこで生まれて、どう育って、学校から家族から趣味から、もう全人生(笑) そして、30分位喋りまくったのち、ふと喋りすぎたと我に返って、「Enough about me, let's talk about you.」とかいう展開が本当によくあります。このEnough about meが今回の表現で、「私のことはこのくらいにして・・・」と話題を変えようとしているわけです。このenough aboutは、自分が喋ってる話題だけじゃなく、他人が長々と話している時にも使えます。例えば、会社の会議。議題に入る前に、最近子供が生まれた同僚が、自分の子供が如何に可愛いか、ずっと話しているとします。しまいには、撮り溜めた写真まで披露しようとする始末。そこで堪忍袋の緒が切れたあなたは、「Enough about your goddamn baby, let's get down to business!」とか叫べます。ちなみに、この例文は、ものすごく怒っている響きなので、絶対使わないで下さい(笑)

それでは、前置きはこれくらいにして(pun intended!)、このenough about 〜の使われ方を見ていきたいと思います。何がもう十分と言ってるんでしょうか。

The Big Bang Theoryから

ペニー、バーナデット、エイミーの三人は、ラスベガスに遊びにきます。しかし、ペニーに仕事(新薬の勉強)が急遽入ってしまい、仕方なく二人だけでバーにやってきた場面。最初はペニーネタで盛り上がる二人。しかしエイミーは、enough about Pennyと言って、話を二人のことにスイッチです。

エイミー: Look at us out, while Penny's in the room studying.

バーナデット: I'm proud of her. This is a great opportunity. It's nice to see her take it seriously.

エイミー: It is. But enough about Penny. Let's talk about us.

The Big Bang Theory/Season 8/Episode 5

Gilmore Girlsから

チルトン高校のチャリティーパーティーのシーンから。出席者は保護者達です。パーティー冒頭、司会がこのチャリティーが子どもたちにどう役立つか、その趣旨など述べますが、ある程度話すと、子どもたちの話はこの辺にしてと打ち切ってから、今夜の主役は私達大人とします。パーティーを楽しむ気まんまんですね(笑) そうそう、この例のように、イベントなんかの導入挨拶でも、enough aboutはよく出てきますね。ある意味、without further adoや、so much forなんかと同じです。

司会: I want to welcome you here to the Chilton Booster Club's Annual Fall Festival Fundraiser where all proceeds from the evening go directly into the refurbishing of the Chilton auditorium. But enough about the kids. Tonight is about us.

Gilmore Girls/Season 2/Episode 7

まとめ

今回紹介のenough about 〜は、ある話題についてはもう十分話したと切り上げる際に使える表現でした。これを現実的に使えるシチュエーションとしては、例えばオンライン英会話の最初の自己紹介とかでしょうか。自分自身のことを話しまくった時には、Enough about me.と話題を転換できます。でもその前に、enough about meと言えるくらい英語で話せるようにならないといけませんけど(笑) あとは、たまに見かける発音間違いばっかし指摘する先生に、Enough about my pronunciation.とか。