ドラマの中の英語

The name of the game is communication

as is often the case with / 〜にはよくあることだが

教科書によく載ってるAs is often the case with。手元の海外番組字幕ファイルを検索してもこの表現が見つからないので、口語ではあまり使われないのかな、と思ってました。しかし、突っ込んで調べたら、シーンを数例見つけられたのでそれを紹介します。

Prison Breakから

マイケルたちは、再びパナマのSONA刑務所に投獄されてしまいます。その刑務所は囚人自身によって運営されていますが、そこのリーダーがマイケルに言うセリフに、この表現がちょうど入っていました。他の刑務所では囚人たちが独立しようとするけど、この刑務所では厳格な(ironclad)法制度がそれを不可能にしてるとのこと。このリーダーはLatinoで英語ネイティブでないので、withの箇所を間違っているみたい(だから検索でヒットしなかったのかw)。

囚人リーダー: I have a duty to maintain order here-- an ironclad legal system that assures that no one goes independent with their grievances, as is so often the case in other prisons.

Prison Break/Season 3/Episode 1

Survivorから

Survivorは有名なリアリティーショー。その中で、参加者はグループからの追放を免れる権利を賭けたチャレンジで争います。そのチャレンジ最初に、司会者が「Survivorではよくあることだが、単純なものが一番難しい」と言っています。Survivorを見たことない人向けに説明すると、単純とは、柱に一番長く捕まってた人が勝ちとか、不安定な板の上で一番長くバランスを取ってた人が勝ち等のルールが単純な競技ですね。

司会: As is often the case with Survivor, the simplest challenge is the most difficult.

Survivor

まとめ

若者にはよくあることだが・・・という例文で、英語の教科書に載ってるこのas is often the case withですが、海外番組ではあまり出現しないみたいです。頑張って探しましたが、見つけたのはこの2件。しかも、一人はラテンアメリカ人だし、更に間違ってるし(笑) やはり会話ではなく、ライティング向けの表現っぽいですね。

まとめると、海外ドラマにはよくあることですけど、as is often the case withという表現は使われないんです(←これがやりたかったw)